概要

開発経緯

中学生から使える電子回路基板設計CAD開発

ニソールは創業41年、基板設計一筋に現在に至っていますが、基板設計の速さと生産性を向上する為、 合わせて基板設計CADも、開発致しております。
ニソール(nisoul)の社名の由来は“日本のSOULで、日本の精神を活かしたモノづくり”にあります。
日本発、エレクトロニクスの未来は人類の進化と向上に、大きく貢献できるツールになると確信しています。 その為にも多くの方に、人にやさしい良いモノづくりの機会を提供させて戴きたいと考えています。 私は中学生の頃、音が出るステレオが作りたくて、高校生でやっと真空管で制作した喜びは今も私の原点です。 中学生から電気のモノづくりの機会が提供できれば、純粋なトキメキある製品の登場も期待できると思い、 「俺のCAD」開発のターゲットを中学生からに致しました。 極力操作をワンタッチにするため、層数限定の両面(2層)基板設計に特化しました。 この一台で回路図作成からアートワーク設計、基板製造データまで一貫してできます。 特に教育には電子回路基板設計の基本を学んで戴きたい、基本は両面基板です、電気の基礎知識が活かされます。 学校教育用だけでなく、LED基板、電源基板、冶具基板、製品開発試作基板、評価基板、製品動作テスト基板、 両面(2層)基板の量産品、等に適しています。 ニソールのこれまで培ってきた強みを生かしながら、世の中に役に立つ企業として さらなる”トキメキ”ある商品を提供できます様、社員一同、精進してまいります。

IoTの市場拡大に貢献する電子回路基板設計CAD

電子回路基板の環境は自動車製造への電子化需要に加え、何といってもIoTへの電子回路基板の需要が大きいものと予想されます、その為にはIoTモノづくりを支援する専用の電子回路基板の設計CADが必須です、市場拡大に備えた環境の中で、敢えて原理原則に忠実に応えた、エレクトロニクス開発の設計道具として、簡単に使える電子回路基板CADを世に出したいとの念いから、誰でも使えるCADとして「俺のCAD」を開発致しました。電気のモノづくりを目指す全国の中高生の学習用から電子機器開発の初心者向け試作開発用などを考慮して、CAD操作を極端に簡単にする為に両面基板(2層)に特化しました。 別途多層基板(4層)CADの専用もあります。簡単回路図設計CADも搭載しております。当然LED基板や制御基板など2層基板での製品開発は量産設計用としても設計可能となっています。設計終了時に製造データ(ガーバーデータ、NCデータ、マウントデータ)がワンタッチで出力できるのも他CADに無い便利機能です。「俺のCAD」は未知なる時代を切り拓く原動力として、IoT、ロボット、自動車、の進化と向上に、お役に立ちたいCADです。

メディア

日刊工業新聞掲載

10月2日 日刊工業新聞にて俺のCADが掲載されました。

2017-10-2_日刊工業新聞

6月1日 日刊工業新聞にて俺のCADが掲載されました。

2017-6-1_日刊工業新聞

2017/10/21 元木大介がセレクト!ビジネス隠し玉企業2017出演

元木大介がセレクト!ビジネス隠し玉企業2017に出演致しました。

隠し玉企業ビジュアル

出演動画はこちら

オーム社のホームページで「俺のCAD」絶賛発売中!

俺のCAD 2層版

俺のCAD 4層版

お問い合わせ

  • 受付時間:09:00~18:00
  • 月曜日~金曜日(祝日を除く)